進化する「リッツ東京」!

懸賞 2007年 12月 28日 懸賞

…というわけで、皆さま、まっとさんでした(v^ー°)
(↑キンキン。ふるっ)
今回で、このラグホ☆ブログも年内最後

しのごの言わずに、「ザ・リッツ・カールトン東京
に泊まった際の感動ポイントを、
「お写真」を中心に、ドーンとご紹介しま~す!

1)お部屋の“造り”に、ドキッとした\(≧▽≦)/

↓まずはこれです、はいっ!
c0148623_23511142.jpgこのラグホブログでも
何度かご紹介している
←左ショット。

むうう、奥に行けば行くほど
なんだかしい~
どうです?奥さ~ん、
ドキッとトキメいちゃったり
しちゃったりしませんか~?
(↑うさんくさい…(´・д・`))

ロビーやラウンジの雰囲気は、同じ「リッツ」でも
大阪とはかなり違う、
このリッツ東京。
でもお部屋のチェアやラグの感じは、かなり似てます。

…たとえば、こんな感じ。
やはり「貴族の邸宅」っぽいですよね!
c0148623_23514578.jpg

ちなみに、昼間の景色はこちらっ↓
c0148623_235266.jpg

…さ~あ、これが夜になるとどう変わるんでしょうね~?うふ♪

…そうそう、窓辺には私、ホテラーめぐみが大、大、大好き!な
イーツ」もご用意されていましたよ、ほらほら~↓
c0148623_0562741.jpg
(↑フレッシュないちごちゃんに、ビター&ホワイトなチョコ♪が
トッピングされてて、美味ざんした☆)


2)お部屋の“備品”に、おおっ☆となった\(≧▽≦)/

な、なんと“おモダン”な急須&湯のみ
説明書きによると、これは陶磁器の型職人・長江兼松氏が
100年前に創業した「ながえ」の逸品だとか。
c0148623_0113537.jpg
(↑ちなみに後ろの壁は、鶴&扇がモチーフの「和紙」。
~~~~っ!! ヽ(*´Д`*)ノ きっと海外のご要人も、もぉ夢中!)

…そしてこれが、どっしりして重すぎるぐらいのガウン!↓
c0148623_0154154.jpg
(↑よ~くご覧ください。地紋にリッツの象徴、ライオンさんが♪)

3)魅惑の“バスルーム”に、ほぉっ☆とため息\(≧▽≦)/
リッツ、といえば“バスルーム”。…ではありませんが、
初のお泊まりでは、おフロチェックも足が震えます(/。\)いやん。
…で、ジャーン!!↓
c0148623_0424293.jpg
さっすが!期待を裏切らない、ゴ~ジャスなダブルシンク。
アメニティの「ブルガリ」は、香りもまた
エキゾチック・ジャペ~ン!! な感じ☆
その後もジムで、愛用させていただきましたっ。

4)麗しの“スパ”に、キュンッ☆となった\(≧▽≦)/
やって来ました、46 の“スパ~”!
言葉より、見ていただくほうが早いでしょう。
まずは、20 メートル × 4レーンの、本格的なプールに…↓
c0148623_114772.jpg
…プール側に向いて、ポーンと体を投げ出せる
い~い感じのデッキチェアに…↓
c0148623_131699.jpg
(↑あえてアップで撮りませんでしたが、いくつかのチェアには
会員様専用」といったプレートがのっかってました。
……って、むう(゜ロ゜)!?リッツスパ会員??
こりゃまた!「玉の輿」ねらいの女子には
出逢いのチャ~~ンス!!、かもしれませんぞ(゜ロ゜)(゜ロ゜))

…そしてそして、待望のジャグジー!どうだ~っ!!↓
c0148623_1115878.jpg
ぶくぶく泡の出具合も、あったかいお湯の温度も
いずれもベーストフィット☆

…ただ~し!!
ジャグジーに浸かってしまうと
窓の外の夜景は、ほとんど見えない状態にっ。
位置が低くなりますんで、
を見ながら♪ババンババン」
ってなことになっちゃうのです。ガ・ツ・ク・リ…(*´Д`)=3
(この点は、ペニンシュラのスパに軍配!)

5)妖艶な“夜景”に、ゾクッ☆とキタ\(≧▽≦)/

はいはい、ほどよく時間も経って、そろそろじゃないですか?
…で、お部屋に戻ると、キタ~~~━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━!!!!
c0148623_127864.jpg
ついにきました、限りなくし~いこの夜景。
コレですよ、コレ。ザッツ東京、ザッツ六本木!!
…ちなみに、私はれいの『オトナの極上ホテル』本の中で
「昼と夜でガラリと顔(表情)が変わる、変身ホテル
をいくつかご紹介しましたが、
まさに!このリッツ東京も、堂々たる変身ホテル~~

お部屋もですが、このラウンジの「の顔」と来た日には、
そりゃ~もぉ~~~(´・ω・`;) ↓
c0148623_1415789.jpg
(↑あいにくこれ、夕方ぐらいの写真なんですが…
夜はこの何倍も何十倍も、ゾクッ!!とさせられる
小悪魔的、な感じなんです~)

…といったわけで、総括。
リッツ東京は、シチュエーションはもぉサイコ~
お部屋の造りも備品も、海外のお客様を意識しながらも
日本人好みでもある。ほどよく「」も感じられる。

ドキドキ☆ワクワクしながらも、癒してくれる要素も
ちゃ~んと用意されていて、
間違いなくリピーターがつくでしょう。

…一方で。
私が泊まったのは、開業間もない
このときは、まだサービスにかなりのバラつき
見られました。たとえば…

ロビーまわり&ラウンジのサービスが悪い。
 とくにチェックイン、アウト時の笑顔が足りないので
 安心感が得られない
c0148623_1584088.jpg
(↑散々待たされましたが、ラウンジの「アフターヌーンティ」は
雰囲気&味ともによかったです、はい)

*「インルームダイニング(ルームサービス)」の
 スタッフが、深夜にも関わらず、廊下で
 私の名前を連呼。物騒なので、ちょっとコワかった…
 (おそらく慣れてないスタッフ)

スパの受付対応もいまひとつ。ロッカーの説明
 なども分かりにくい。
 ただし、すごく慣れてるスタッフもいた。たとえば、このセリフ。
 ↓
 「(私が「ここが分かりにくい」と指摘したのを受けて
 …申し訳ございません。
 我々まだ、よちよち歩きの“赤子のような存在なので、
 どうぞ今後とも、温かい目でご指導くださいませ


(くぅ~~!! 20代と思しき女性スタッフが、このセリフ♪
心憎いですなあ…)

…その他もろもろ、れいの「加湿器」のスタッフが
お部屋に忘れ物をしていっちゃったり、など
ハプニングもいくつか。

ただ、それもこれも、ある程度は仕方のないこと。
だって、何しろこれだけの好立地
1階の入口付近には、こんな表示までして↓
c0148623_285886.jpg
いわゆる「冷やかし」のお客様を阻んでいるのに、
ああそれなのに、上層階のロビー階まで
るわ、来るわ!! どんどん人が上がってきちゃうから、
スタッフがその対応に追われてしまうのです。

…でも、さすがリッツ!!
その後の7~12月に泊まった知り合いに
何人か聞いてみたところ…
かなりの部分で、サービスが改善されているようでした♪

う~む、これはおサイフがつらい!(´A`。)けど
来年もう1度、泊まってみないといけませんね~☆

…というわけで、最後はちょっと長くなりましたが
本年はこの辺で。
どうぞ皆様、よいお年をお迎えください。
そして来年も、どうぞよろしくお願い致します!! (*^ワ^*)
[PR]

by meg-lugho | 2007-12-28 02:10 | ラグホ宿泊日記

<< 親孝行にも、恋愛にも…!目黒雅...   今年07年は“ラグホ・イヤー”... >>