博多のラグホは「どげん なっと~と?」(その2)

懸賞 2008年 03月 23日 懸賞

…時刻は18時。
ここ博多の街も、そろそろ夜の色に染まります。
c0148623_1975032.jpg
むぅ~、いとマンチックな輝き☆
でも、私ホテラーめぐみ(牛窪恵)は
お約束どおり、今回もとり~♪ららるぅ~

で、ディナーは
c0148623_1981393.jpgこれまた前回、
「特製 いちご大福」を
教えてくださった方の
オススメ♪で、

ホテル セントラーザ博多
(博多駅前)にて

「夕御膳」を堪能~。
(海鮮類が、美味しかった☆)
品数も豊富で、満足でした(≧∇≦)

…ただ、とりとなると
如何せん、スピーディな「喰い」になりがち。

先日、私めが出演させていただいた
TOKIOの番組「メントレG」(CX)でも、
ゲストの今田耕司さんに
c0148623_1994589.jpg

婚しない男性は、既婚者より
 8~9年にするんですよ~」…とか、

「なぜなら~、1つはとりだと
 やっぱり栄養バランスが崩れたり、
 ついつい喰いになっちゃったりするためで…」

…などと、偉そ~に語っておりましたが、
まさに、この夜ののまんま

そこで。
たまにはバーでひとり、時間を気にせず
飲んでみよう☆なんて思って、
宿泊先の「ハイアットリージェンシー」のバー
ロトンダ」を訪れましたっ(゚∇^*)
c0148623_1910657.jpg

(お時間は、19時半。
まだ「ハッピーアワー」でした♪)

おおっ!なかなかーディ~な感じ。
詳しい感想は、最後にカキコしますが、

満喫タ~イムだった割には
1つだけ、激しく(´Д`。)
…それは、出口でこんな表示に気付いたから。
ドンっ!!↓
c0148623_19192472.jpg
…そう。つい数日前、このブログでもご紹介した
あのゴディバが、
ここ福岡のハイアットともタイアップして
オリジナルのョコカクテル、などを
展開していたようなのです~

(↑次回は必ず飲むぞっ!)


…で、トナな夜を過ごした後に
お部屋にカムバ~ック☆
すでに心臓がキドキ!落ち着きません。

それは、21になると
のヒト」が、お部屋に来るから!
(えっ???)

はい。このお方です。ドンっ!!↓
c0148623_1911256.jpg
(↑同ホテルのイメージph)
は~い、もちろんそんなっぽい話じゃ
ありませ~んε-(´・`)

お部屋でステ」の女性スタッフ
お呼びしたのです。
c0148623_19115093.jpg
(↑写真右端が、「アロマエステ」のお道具一式。
ワゴンでガラガラっと運んで来て、
枕と逆側に、横たわる感じです~)

…れいによって、ドケチめぐみのこと。
普段なら、ラグホでエステなんて
そうそうお願いしないんですが、

この日ばかりは、座わりっぱなしで
すっごくれてたこともあり…
…なぜなら、コノせいです~(;´Д`)
c0148623_19194392.jpg
↑はい、のチケット
よろしければよっくご覧ください☆
今回、「多~」間(往復とも)を
飛行機ではなく、なんと!c0148623_19345361.jpg

幹線で移動~
(17:00 福岡発
 22:13 東京着
 実に、時間13分ヾ(゚Д゚)ノ)
…その結果、かな~り

キテたのですぅ(´・ω・`;)

(私、実は大の飛行機嫌い~)

…なお、「お部屋でエステ」も
ほとんど体験したことなかったですが、
いやぁ~、っぱイイですね~!
ナンといっても、めちゃめちゃくつろぐ~(´ ▽`).。

…で、長くなりましたが「まとめ」。
今回の「ハイアットリージェンシー」のお泊まりで
気付いた、その他のことは
こんな感じです♪

☆その:音がすごく静か~だった

…理由の1つは、こちらの構造。
c0148623_1920832.jpg
このホテル、回廊状の構造になってて、
基本的に、かい側には
お部屋がない
スタイル。

しかも、ダブルルーム
それぞれ、通路の端側に位置してるので
枕側は、りにもお部屋がないんですぅ。
これはポイント高っ!!

…ちなみに、同じような構造のラグホに

京都ブライトンホテル
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
…などがあります。

☆その:「傷み」と「ホコリ」が目立った

ハイアットは、今年で開業15
同スタッフによると、少しずつ
いろんなお部屋をリニューアルしてるそうですが、
c0148623_19372038.jpg

↑ご覧ください(上の写真)。
お部屋のクローゼット(木製)のドア
あり得ないほど、しております。
いったいどうやったら、こんなにバキバキに?(;´Д`)

家具の裏側には、結構まとまって
コリもたまってたりして…
ちょっとだけショック( ノД`)~でした。

☆その:「昼」と「夜」で、別の顔

…都心部では、あまり見ないスタイル。
~るほど~(*゜▽゜)*と感心しちゃいました☆

…たとえば、

◎ラウンジが、は明るいカフェに
 はバー(&お食事処)に変身!
とぉ~!

◎ベーカリーが、ホテル外にせり出てて
 お昼に「ランチタイムOL」が
 わんさかパンを買いに来る!
c0148623_19205693.jpg
…といった具合。
ここ数年、都心部のラグホも「ホテイチ」のブームで
イクアウトを充実させてますが、

ここまで混雑してる様子は、見たことありません。
ドトール的に、パンを食べられるスペースもあり
なかなかうまい戦略だな~と思いました。

ただ。
グホ内バーは、驚くなかれ!
ここ博多でも、地元のバサマがたでいっぱ~い!!

ちょいイケメン系のバーテンダー数人に
える感じ~で会話してるのが、印象的でした。
c0148623_19422991.jpg

…ま、でもでも。
地方では、宿泊客だけでなく
「地元」のお客さまをどう取り込むか、が
一つの課題なのかもしれませんね(´・ω・`;)

…というわけで、いろいろ勉強になった
ハイアットの宿泊でしたっ☆
[PR]

by meg-lugho | 2008-03-23 02:08 | ラグホ宿泊日記

<< メタボにヤバイ!4月も間近~   博多のラグホは「どげん なっと... >>