「ほっ」と。キャンペーン

箱根の新しめラグホ ~その2

懸賞 2008年 09月 10日 懸賞

はいっ、さっそく
ハイアットリージェンシー箱根第2弾です☆

前回起こった、るべき大事件とは…
さてナンだったのでしょう?!
真相はっ、(ダダダダダ……)

ャジャ~ン、こちらですぅ~~
c0148623_0384342.jpg
はい~!福田首相任記者会見~~
(ホッ、な~んだぁ~(o´д`o)=3 )

でもそういえば、この「ラグホで辞任会見」、
なんだかジャヴ、って感じなんだけど…
そう、思い出しましたっ。
c0148623_0385972.jpg約1年前、
ペニンシュラ東京に
泊まったとき
 にも
倍さんの辞任会見
を見たのですぅ~

(ナゼ病院で会見?!
と思った記憶が(∀ ̄;))


にしても。
いや~、予感はしてましたが
あと2~3か月はもつと思ってたんで、ドロキ
大丈夫か?ニッポン?!

…といふわけで、せっかくの旅先なのに
かな~りニュース番組に
どっぷり浸かっちゃったんですが

お夕食はちゃ~んといただきましたですよぉ。
↓はい、こちらにて。
ホテル内のレストラン~♪
c0148623_0392781.jpg
↑そうだ、皆さま、よくよくご覧ください。
左側の「dining room(ダイニングルーム)
の文字、ご覧になれますか?

実はここ、箱根のハイアットは
一軒のうち」的なスタンスなんですね~

前回ご紹介したラウンジも、
正式名称は「ビングルーム」、
↓そしてこちらも…
c0148623_0393941.jpg
一見「ライブラリー」なんですが
(まぁ、機能もそうですが)お名前は
drawing room(ドローイングルーム) 」、
つまりは応接室~~

…すみませぬ、脱線しますた。
再び、ィナーの件。
箱根のハイアット、メニューは大きく分けて

・フレンチ プロヴィンシャル(フランスの田舎料理)
・SUSHI(鮨)

のみ。
今回、2連泊したので、どちらも制覇
して参りましたっ。
まずは、お鮨のほうから…
c0148623_039569.jpg
~ん(ノ∇≦*)
↑ぷりっぷりのウニon the生湯葉~【左】と、
さっすが箱根!
めじまぐろ(たぶんfrom三浦半島)など、新鮮な海の幸~【右】

…で、続いては…
c0148623_0401497.jpg
↑実はこれが、めっちゃ美味しかった!
イサキの照り焼き【左】と
じゅくじゅく、熟れ熟れ~のいちじく~♪【右】↑

…で、でもヤバイヾ(;´▽`
肝心なお鮨の前に、かな~りお腹いっぱい…
c0148623_0402729.jpgけど大丈夫、やっぱ
こちらは
」でした(*^-゚)v

~~もぉ
トロとイクラちゃん、
そしてホタテくんが
お口の中で
とろけてゆくぅ~~

実は今回、ハイアットに来る前に
(ライバルラグホの)ホテルマンから、

「牛窪さん、箱根のハイアット
料理、美味しいですから。
ぜひ食べて来てくださいね」
と言われてたのですが…

いやぁ、2日目の「フランスの田舎料理」もよかったし、
(↓一部のみ、ご紹介。こ~んな感じです☆)
c0148623_0405792.jpg
(↑アスパラもサイコーだった、沼津産スズキのソテー【左】
と、口あたりのよい、ヴェジタブルスープぅ~~【右】↑)

…あとは、
c0148623_0411090.jpg
活気あるライヴキッチンで調理したばっかり~の食材を、
↓こ~んなふうに、でいただけるんですよ、
ホラホラ!
c0148623_0413213.jpg
は~(≧∇≦) 爽やか~~~!
(朝が苦手なホテラーめぐみも、思わずャキ~ん(`・ω・´)v)c0148623_0415938.jpg

基本はセルフですが、
料理については
スタッフが登場、

調理法(メニュー)
中身の具ぅ~、
味付けなどについて
オーダーをとり
持ってきてくれます♪
(そしてまた、調子にのって
食べ過ぎた!ーズ、美味しすぎ!!)


…朝は、和洋2つから選べますが、
食べ比べた感じでは、
圧倒的に食のほうがオススメ!でした~

その他、今回の箱根ハイアット宿泊で
感じた点は、次のとおりですヽ(∀`

、フロントまわりの対応がよかった!
c0148623_11425159.jpg
実はホテラーめぐみ、今回の旅の途中で
「なんかが痛いかも~」と
トラブルに見舞われたのですが…

フロントにオススメの歯科医を聞いた
ところ、迅速に対応してくれ
しかも
「傷みますか?お持ちしましょうか?」
との声かけほか、細かな対処を
してくれました。
総じて、かなり対応はよかったです。

、お部屋からの景色がグぅ~ c0148623_13502518.jpg
今回泊まった
お部屋は、
あいにく目の前
建物が見えちゃう
お部屋だったんですが…

それでも、箱根強羅の
文字焼 (8月16日らしい)
で焼かれた山々が
くっきりと見えたこと、

c0148623_135036100.jpg何より、テラスが広くて
ゆったりできること、

(朝晩の風が、めちゃ
気持ちよかった~(´ ▽`).。)

これはリゾート系の
ラグホならでは、の
醍醐味ですよね~~

次は違った角度のお部屋にも
泊まってみたい!です。

、ラウンジ(リビング)が素晴らしかった!!

皆さん、下記のの写真、
違いがお分かりになりますか?
c0148623_13541333.jpg
↑こちらと…
その下のこちら。↓
ほぼ同じ角度から写した写真なんですが…
c0148623_13542965.jpg
そう!ャンドル【上】が、【下】に
変わってます~♪

実は今回、宿泊が
8月末~9月初旬だったため、
ラウンジ(リビング)
暖炉っぽい風景が
途中でェ~ンジ!! しました。

c0148623_142209.jpgちょっと見にくいですが
入口にも
←こ~んなふうに
が積んであります。
まさに、山荘のリビング
って感じ。

スタッフの方によると
冬場、薪に火をつけると
髪の毛にニオイがつくからイヤ!」
なんてお客さまも
中にはいるそうで…

…確かに、人それぞれですが
でもいやぁ、このラグホに泊まって
この席に座らないのは、ぜ~ったいに
ったいない!!

本を読みながら、半日~1日ぐらい
ボーッとしてても飽きなそうです。

ちなみに。私とオットは
ライブラリー(応接室)にあった
をやりました☆
c0148623_1443827.jpg
懐かしいセロ~~ヽ(・∀・)ノ
(オット、予想どおり強すぎ!
私は知ってます、彼がわざと負けたことを…)


その他、強いていえば
車場~入口までの動線
悪すぎるかなぁ…

でも箱根のハイアットは、もともと
あった、別の宿泊施設をリニューアルした
ようなので、これは仕方がないでしょう。

…というわけで、長くなりましたが
国内のラグホで、これほどゆっくり
できたのは、すっごい久しぶり~でした☆

ぜひ次も、泊まりたいですぅ。

本日の「んの、アワセ」のコーナー!
c0148623_14465913.jpg(´ ▽`).。
11月末発売予定の、
草食系男子
「お嬢マン」の本。
ある新聞に、関連記事を
書いたところ
まだ発売前なのに
たくさんお問合せを頂いたぁ~

の、シアワセ。

(概略は、下記・弊社のHPから飛べます。c0148623_14513247.jpg
まだギリギリ
入稿前なので
ほんの概略で
申し訳ないんですが
本日、アップしておきました。

よろしかったらぜひぜひ
ご覧ください~(*≧∇≦)ノノ)

[PR]

by meg-lugho | 2008-09-10 15:05 | ラグホ宿泊日記

<< 箱根のお散歩♪   箱根の新しめラグホ ~その1 >>