「ほっ」と。キャンペーン

タグ:スパ ( 4 ) タグの人気記事

懸賞 懸賞

日本初!海辺の極上スパルーム、大公開☆

懸賞 2008年 07月 25日 懸賞

皆さま、です。マーです!
(このパターン、使いまわし。ごめんなさい(´・ω・`;) )
c0148623_1239342.jpg
…今回は、今週21日(月)にニューアルオープン
した、海辺のお台場・ ホテル日航東京
リポートから。

まずはエスチョン

日航東京といえば、以前ご紹介した
窓パカッおフロ
(おフロの窓を開けると、夜景が見えるぅ~)
で有名ですが…タイプは、こちら↓)
c0148623_1237345.jpg
今回リニューアルした、新たなタイプがこちらっ!↓
c0148623_12375820.jpg
は~い、の写真、どこがってるでしょ~か??
(分かんないって!!)

正解は…
・窓パカッ、の開き方
・おフロの窓向こうに見えるベッド(含クッション)
天井ランプとスタンドランプ
窓際のチェア …などなど。
↓こ~んな感じですぅ~
c0148623_12385151.jpg
おおっ、ベッド&カーペットがシャレですね(*´∀`)ノ
液晶テレビも、壁と一体化してイイ感じ~

ちなみに。部屋タイプによっては
窓パカッ」でなく「シースルー」に生まれ変わった
↓バスルームもあります☆
c0148623_124002.jpg
↑ちょっと分かりにくいですが、
ガラス張りで、こ~んな感じ。
窓がない分、こちらのほうが
見えますよねっ*´∀`)*´∀`)

もっと広いタイプ(最大4人宿泊可)ですが、
↓「ハス」をテーマに、こんなお部屋も登場♪
c0148623_12403364.jpg
わあお!(≧ε≦)
バルコニー席から、東京湾の夜景が一望のもと!
ただし1室、15万円(うぅっ…(゜-Å) た、高いっ…)

…では気を取り直して。
今回のメイン、パ関連のお披露目です♪

↓まずは、こちらを…
c0148623_1241735.jpg
(・・?)  ジャグジーは見下ろせますが
割とフツーの感じ(*・ω・) 一体コレがナニ?

…って、ャ~~~ン!! 
c0148623_12415630.jpg
わはっ♪フィットネスのジャグジーを見下ろし
しかもレインボーブリッジを眺めながら
施術を受けられる、
エグゼのスパルームぅ~~~!

これが21日、リニューアルオープンした
SPA然TOKYOのウリの一つ。
リラクゼーションスペース
こんなんです、はいっ!↓
c0148623_1242148.jpg
おおっ、やはりこちらも眺めがイイ~

でも、~~っと驚くのは、こちら。
c0148623_1243533.jpg←チラッ。
…って、ナンでしょ?

こちら、本初!の
ある工夫が施された
お部屋の、入口なんですね~

オレンジ色の何か、が
見えておりますが…

↓ドアの向こうは、こちらっ。
c0148623_12442130.jpg
おお~っ、オレンジ(「」をイメージしたそう)
がビビッドで、これまた眺めのいい
ベッドルームぅ(床素材は「」です(*^-゚)v)

…そして、その向こうは…
きゃ~~~~~~(≧∀≦)~~~~!!!
c0148623_12445318.jpg
なんてセレブ♪な
パルームぅ~~~~~~!!!

(レインボーブリッジを眺めながら
↓極上のスパタイ~~ム☆)


…で、こちら
何が「本初」かと言うと、なんと!
c0148623_1245993.jpg
宿泊するお部屋に、この本格スパルームが
併設されていて、
自分のお部屋で、施術を受けることができるんですぅ。
(な~るほど、これは見たことないっ!)

ただしこちらも、1室15万円~~
((´Д`。)ああ…ちょっと手が出ないかも…)

日航東京は、ガラスチャペルの新設後
ウェディングの制約を着実に伸ばしてる
そうなので、
このお部屋も、婚カッポーに人気?を
呼ぶかもしれませんね~(←うらやましい…)

ちなみに。
航東京といえば」の、この風景は
リニューアル後も健在ですよ。はいっ!↓
c0148623_12453257.jpg
~~~ん(/ω\*) もぉ~~~!!!
ホテラーめぐみが大、大、大好きなスポット。
SPA然の、外にせり出した
水ジャグジー

(未体験の方は、ぜひぜひ。
日中も、ほんっとうに気持ちイイですよ~)


↓そしてもう一つ、今回新設のはこちらっ♪
c0148623_12455256.jpg
はい、レインボーブリッジと
広々拡がる東京湾を眺めながら
はっ、はっ、と息を切らして走れる
ッドデッキフィットネスぅ~~!

雨の日はNGですが、
晴れた日は、↑【写真左】のように
ウッドデッキにランニングマシン
出してくれるのだそう。

朝なんて、っちゃ気持ちイイこと
間違いなし!ですねヽ(*´∀`)ノ

…以上、かなりハイになってしまいましたが
リニューアルした日航東京から、
ホテラーめぐみがお届けしました☆
[PR]

by meg-lugho | 2008-07-25 14:19 | ココがオススメ!

夏といえば海!海といえば…? ~その1

懸賞 2008年 07月 18日 懸賞

皆さま、です!マーです!!
c0148623_16115272.jpg
夏といえば
東京界隈で、海が満喫できるラグホといえば…

↓はい、やっぱりここでしょう!
c0148623_1612987.jpg
ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
(↑うぅ~、早口言葉っぽい…)

昨年12月にも、宿泊日記を書かせていただいた
同ホテル。
今回は、お食事なんかも含めて
リポートしてみます~

お部屋も、前回のエグゼフロアとは違って
↓今回はこちらに泊まってみました!
c0148623_1613234.jpg
↑あらま~(/ω\*)
あいにくの曇り空(左)ですが…
なにやらリティ~な小物がいっぱい♪(右)

今回の宿泊は、「レディスフロア」です~~

テレビ横のスタンド↓や、就寝時のミニランプ↓も…
c0148623_16135043.jpg
こ~んな、乙女ちっくな感じ~~ヽ( ´¬`)ノ
しかも曇り空とはいえ、夏の海
↓キレイ~~に見渡せます。はいっ!
c0148623_16143419.jpg
たっ!気分はすっかりバカンスぅ☆
(でも今日も、お約束のとり~♪ららるぅ~)

こっち側の角度も、イイ感じ。はい、ちらっ!↓
c0148623_16145037.jpg
ああ~、海はやっぱイっ!!

では恒例の、お風呂チェックへ…(*^ー゚)v
c0148623_1615593.jpg
↑ふむふむ。
インタコのお風呂は、若干古めのテイストですが
このランクだと、シャワーブース(左)は付いてるし、
アメニティも充実してますよ~↑(右)

(分かりにくくてごめんなさい。
↑右の一番端が、びらタイプの沐浴剤ですぅ)


残念ながら、この日は前の取材が押して
到着が遅れちゃったんですが、
「絶対コには、行っとかないと!」
と思ってました。いざ!!
c0148623_1615204.jpg
ジャジャ~ン。
前回もお邪魔した、スパベイウィンドウ
このラグホに来たら、やっぱこのスパには
行かないともったいない!

ただ今回は、の約束(←深い意味はナシ)まで
あまり時間がないので、1時間のプチコースにて。
ルームからの眺めは、こ~んな感じ!↓
c0148623_16153768.jpg
わは~~~!
もっと晴れてて、もっと早い時間だったら
もっともっと持ちよかったことでしょう。

でも相変わらず、ここのスパは
スタッフさまの手加減や心配りが
すっごく日本人向けに配慮されてて、心地いい!

失礼ながら、気付けばとうと
眠っちゃいました
起きたときの様子は、こちら!↓
c0148623_16155095.jpg
わっ!
すっかり夜も暮れて、の灯りがキレ~~イ!!

↑ちなみに、スパ内では本来
写真撮影は禁止、とのこと。
(知りませんでした、さっき撮っちゃった(´・ω・`;)
ごめんなさい!…皆さま、ご注意を)


ただ「もし記念撮影みたいな感じで
ご自身も写りこんでいただけるなら」
ってことで、
ムリムリ、写りこんでみちゃいましたヾ(;´▽`A

…で、夢気分&イ気分になって
お部屋に戻ると…
サプライズが2つ!

1つは、
ターンダウンのサービスがなされてたこと。
c0148623_16161075.jpg
わあい、すっかり姫気分!

もう1つは…なんと!
朝食も含めたルームサービスが
24時間対応」だったことですΣ(゚∀゚*)  
これって、かなり珍しい!(↓見にくいですが…)
c0148623_16193576.jpg
ふむふむ、ディナーにルームサービス
もいいけど、今夜はせっかくだから
が見える「そこ」に行こうかな~♪

(え?「あそこ」って??)

…と来れば、またお約束ですね~
続きは、回~ (^ω^ )/’’’


おまけ:
本日の「んの、アワセ」のコーナー!
c0148623_1629883.jpg(´ ▽`).。
ホテラーめぐみも、僭越ながら
事前ヒアリングにご協力した
松竹のシネコン「新宿ピカデリー」。
昨日、そのお披露目があり
れいの「2人で3万円」の席に
ゆったり座ってみた~!

の、シアワセ☆

c0148623_1650571.jpg(←待合い空間の
プラチナラウンジ。
座席もカッシーナで
オシャレですが、
一方で「個室タイプ」とはいえ
消防法の関係からか
ドアはナシ

ムリムリ覗こうと思えば
き込めちゃうかも~…と思いました。
有名人のカッポ~には、どうなんだろう…?)

[PR]

by meg-lugho | 2008-07-18 17:10 | ラグホ宿泊日記

ひとり泊まりでリフレッシュ~その2

懸賞 2008年 06月 04日 懸賞

……引っ張っちゃってごめんなさい。

フォーシーズンズホテル椿山荘 東京
体験した「夜」の2つのフレッシュ
c0148623_0383478.jpg←この表示看板が
意味する「鑑賞」とは
ナンの鑑賞…?

まさかΣ(゚∀゚*)
からぬこと、では
ないですよね?
(↑当たり前っ!
それに「よからぬこと」ってナニ?もお~~)


…はい。カンのいい皆さんは
すでにお分かりですね。
正解は、こちらっ!
c0148623_039714.jpg←ほ~ほ~♪

そう、夏の風物詩&
フォーシーズンズならでは
の夏のお愉しみ、である
タル」の鑑賞!
…これがフレッシュ第4弾

毎夏、同ホテルでは
庭園に天然のホタル
放し飼いにするんですが、

今年は、「源氏蛍」だけでなく
平家蛍」も放った、とのこと。
平家蛍は、源氏蛍より
活動期間が早いので、今年はすでに!
お庭で蛍が楽しめますよぉ(*^-゚)v
(サイコーにロマンティックでした。とりだけど…)

…で、もう1つのフレッシュ
食いしん坊の、私ホテラーめぐみ的な
こちらっ!↓
c0148623_044354.jpg
同ホテルのカジュアルダイニング、
シーズンズ・ビストロ」の、ディナーコースぅ~

アラカルトなら、2000円台からアリ。
ただこの日は、気張って5,500円のコースを注文!
(…とはいえ、宿泊客は割引になるんですよね~)

詳細は、後ほどご報告しますね♪
…とにもかくにも、フレッシュ第5弾完了っ!

さああとは、い~いベッドでぐっすり寝て、
c0148623_0394724.jpg
明日に備えましょう。
(フォーシーズンズは、おフトン自体の質もですが
ベッドメイキングがいいっ!
枕も横長で、すっごく寝やすいんです~)


…で、
(料理番組のような、中抜けの展開…)
↓朝10時に、こちらに向かいました~
c0148623_040731.jpg
拙著『Hahako(ハハコ・母娘)世代をねらえ! 』
でもご紹介した、ラグジュアリースパの
悠YU,THE SPA at Four Seasons」ぅ♪

実はこのとき、このスパで↓
c0148623_045044.jpg
期間限定トリートメント『リ エクスペリエンス
をやってまして、(10日間限定!)
自分ごほうびの意味で
「バリニーズトリートメント」を受けてみましたっ。
(ふだん、あまりにスパとは無縁なんで…)

↓受けたお部屋は、こちら。
c0148623_046385.jpg
わあお!
ゴージャスなシングルルームぅ。

同スパは、2人(ただし女性同士のみ)
施術を受けられる、「ペアトリートメントルーム
↓が有名ですが…
c0148623_0405082.jpg
(↑露天風呂ふうの「ウトドアバス」(右)
まであって、サイコーです!
滝の音を聞きながら、お湯に浸かれるんです~)

この日は、とりなのでシングルルームに。
…担当してくださったのは、こちら。
c0148623_041863.jpgリの
フォーシーズンズホテル

勤務する、ップレベル
セラピストの方ですぅ~

(お名前伺ったのに
メモできず、忘れてしまい
ました。
ほんっと、ごめんなさい!)


…で、感想を言いますと…
んもう、んもう、いままでどこで受けた
トリートメントとも、まったくモノでした!

とにかく、所作が流れるようにスムーズ。
施術の強さも、かなり強めなんですが地よい
しかも、ここでは説明しづらいんですが
ものっすごい細かい部分まで、気がついてくださる。

最後に、「(英語で)のフォーシーズンズには
いらっしゃったことがありますか?」
と聞かれ、
いますぐでもんで行きたい!と思ったのは
言うまでもありません~(/□\*)

…と、ついつい長くなってしまいました!
その他の感想です。

◎その:いつもながら、ドアスタッフがスゴイっ!
c0148623_0414051.jpg…何度も泊めて頂いてる
せいもありますが、
それにしても!

クルマを降りる瞬間に
いつも、ドアをパッと開いて

お帰りなさいませ、
窪さま
」って
言ってくれるんですよ!(≧∇≦)

(帰りも、同じく…)
すごすぎ&謝感激!です。

◎その:ベルのスタッフが、ちょっと不慣れだった

…やな感じだった、とかでは全然ないです。
むしろ、々しい感じ。(おそらく、1年生)

ただ私がホタルについて、過去の話を聞いたとき
「ええと、それは聞いたことないです」
…で、わっちゃった。これはもったいない。

「申し訳ありません、いま存じ上げませんが
調べて、お電話しましょうか?」と言ってくれたら
嬉しかったなあ。(←うるさくてゴメンなさい(´∀`;)
次、期待してますね!

◎その:夜間、男性スタッフ2名が来てくれた

いつもながら、夜に炊く「」のためのマッチと
宅急便用の紙袋を、フロントにオーダー。
c0148623_046630.jpg…すると。
おそらく、女性スタッフ
が出払ってたのでしょう。

男性スタッフが、わざわざ
で来てくれて
「お待たせしました」と手渡して
くれました。

このあたり、さすがです!

◎その:ビストロのお料理が、イイ感じ~になってた!

先ほどのコース料理。
↓まず運ばれて来たのは、こちら。
c0148623_047444.jpg
ライ麦やチーズをブレンドした
カリッカリのパン~


…や?ややっ??
失礼ながら、前来たときより
グッと美味しさを増した気がっ!

↓さらにさらに。
c0148623_0472066.jpg
*リコッタチーズとセミドライトマト ナスのティンバロ~(左)
*とうもろこしスープ あさりと赤ピーマンを添えて~(右)


…こ、こ、この2つ!ほんと、
お世辞じゃなく、めっちゃめちゃ味しかった!!

↓このあとは、メインディッシュ&デザート
c0148623_047392.jpg
*小羊のロースト ラタトゥーユとクスクスとともに~(左)
*ココナッツのトルフェ マンゴー添え~(右)

…こちらもまた、あっさりして全然しつこくない!

以前こちらでコースを食べたときは (2~3年前かな?)
確か、ボリュームがすぎ
肌が「気色」になった気がするんですが
(↑すっごい失礼!ホテルの皆さま、ごめんなさい!)

今回は、まったくそんなこともなく、
タボも意識することなく、いただけました(ノ∇≦*)


…以上、めちゃ長くなりましたが、
またもや☆ココロからフレッシュできた
フォーシーズンズのひとり泊まり、でしたっ。
(よっしゃ、また明日から仕事がんばろ~)


おまけ:
本日の「んの、アワセ」のコーナー!
c0148623_0481398.jpg(´ ▽`).。
今月の後半、夜の予定を
調整しまくって
久しぶりに
「ホテル西洋 銀座」に
泊まれることになった!


の、シアワセ☆
(またラグホかっ!すでに??)
[PR]

by meg-lugho | 2008-06-04 00:51 | ラグホ宿泊日記

進化する「リッツ東京」!

懸賞 2007年 12月 28日 懸賞

…というわけで、皆さま、まっとさんでした(v^ー°)
(↑キンキン。ふるっ)
今回で、このラグホ☆ブログも年内最後

しのごの言わずに、「ザ・リッツ・カールトン東京
に泊まった際の感動ポイントを、
「お写真」を中心に、ドーンとご紹介しま~す!

1)お部屋の“造り”に、ドキッとした\(≧▽≦)/

↓まずはこれです、はいっ!
c0148623_23511142.jpgこのラグホブログでも
何度かご紹介している
←左ショット。

むうう、奥に行けば行くほど
なんだかしい~
どうです?奥さ~ん、
ドキッとトキメいちゃったり
しちゃったりしませんか~?
(↑うさんくさい…(´・д・`))

ロビーやラウンジの雰囲気は、同じ「リッツ」でも
大阪とはかなり違う、
このリッツ東京。
でもお部屋のチェアやラグの感じは、かなり似てます。

…たとえば、こんな感じ。
やはり「貴族の邸宅」っぽいですよね!
c0148623_23514578.jpg

ちなみに、昼間の景色はこちらっ↓
c0148623_235266.jpg

…さ~あ、これが夜になるとどう変わるんでしょうね~?うふ♪

…そうそう、窓辺には私、ホテラーめぐみが大、大、大好き!な
イーツ」もご用意されていましたよ、ほらほら~↓
c0148623_0562741.jpg
(↑フレッシュないちごちゃんに、ビター&ホワイトなチョコ♪が
トッピングされてて、美味ざんした☆)


2)お部屋の“備品”に、おおっ☆となった\(≧▽≦)/

な、なんと“おモダン”な急須&湯のみ
説明書きによると、これは陶磁器の型職人・長江兼松氏が
100年前に創業した「ながえ」の逸品だとか。
c0148623_0113537.jpg
(↑ちなみに後ろの壁は、鶴&扇がモチーフの「和紙」。
~~~~っ!! ヽ(*´Д`*)ノ きっと海外のご要人も、もぉ夢中!)

…そしてこれが、どっしりして重すぎるぐらいのガウン!↓
c0148623_0154154.jpg
(↑よ~くご覧ください。地紋にリッツの象徴、ライオンさんが♪)

3)魅惑の“バスルーム”に、ほぉっ☆とため息\(≧▽≦)/
リッツ、といえば“バスルーム”。…ではありませんが、
初のお泊まりでは、おフロチェックも足が震えます(/。\)いやん。
…で、ジャーン!!↓
c0148623_0424293.jpg
さっすが!期待を裏切らない、ゴ~ジャスなダブルシンク。
アメニティの「ブルガリ」は、香りもまた
エキゾチック・ジャペ~ン!! な感じ☆
その後もジムで、愛用させていただきましたっ。

4)麗しの“スパ”に、キュンッ☆となった\(≧▽≦)/
やって来ました、46 の“スパ~”!
言葉より、見ていただくほうが早いでしょう。
まずは、20 メートル × 4レーンの、本格的なプールに…↓
c0148623_114772.jpg
…プール側に向いて、ポーンと体を投げ出せる
い~い感じのデッキチェアに…↓
c0148623_131699.jpg
(↑あえてアップで撮りませんでしたが、いくつかのチェアには
会員様専用」といったプレートがのっかってました。
……って、むう(゜ロ゜)!?リッツスパ会員??
こりゃまた!「玉の輿」ねらいの女子には
出逢いのチャ~~ンス!!、かもしれませんぞ(゜ロ゜)(゜ロ゜))

…そしてそして、待望のジャグジー!どうだ~っ!!↓
c0148623_1115878.jpg
ぶくぶく泡の出具合も、あったかいお湯の温度も
いずれもベーストフィット☆

…ただ~し!!
ジャグジーに浸かってしまうと
窓の外の夜景は、ほとんど見えない状態にっ。
位置が低くなりますんで、
を見ながら♪ババンババン」
ってなことになっちゃうのです。ガ・ツ・ク・リ…(*´Д`)=3
(この点は、ペニンシュラのスパに軍配!)

5)妖艶な“夜景”に、ゾクッ☆とキタ\(≧▽≦)/

はいはい、ほどよく時間も経って、そろそろじゃないですか?
…で、お部屋に戻ると、キタ~~~━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━!!!!
c0148623_127864.jpg
ついにきました、限りなくし~いこの夜景。
コレですよ、コレ。ザッツ東京、ザッツ六本木!!
…ちなみに、私はれいの『オトナの極上ホテル』本の中で
「昼と夜でガラリと顔(表情)が変わる、変身ホテル
をいくつかご紹介しましたが、
まさに!このリッツ東京も、堂々たる変身ホテル~~

お部屋もですが、このラウンジの「の顔」と来た日には、
そりゃ~もぉ~~~(´・ω・`;) ↓
c0148623_1415789.jpg
(↑あいにくこれ、夕方ぐらいの写真なんですが…
夜はこの何倍も何十倍も、ゾクッ!!とさせられる
小悪魔的、な感じなんです~)

…といったわけで、総括。
リッツ東京は、シチュエーションはもぉサイコ~
お部屋の造りも備品も、海外のお客様を意識しながらも
日本人好みでもある。ほどよく「」も感じられる。

ドキドキ☆ワクワクしながらも、癒してくれる要素も
ちゃ~んと用意されていて、
間違いなくリピーターがつくでしょう。

…一方で。
私が泊まったのは、開業間もない
このときは、まだサービスにかなりのバラつき
見られました。たとえば…

ロビーまわり&ラウンジのサービスが悪い。
 とくにチェックイン、アウト時の笑顔が足りないので
 安心感が得られない
c0148623_1584088.jpg
(↑散々待たされましたが、ラウンジの「アフターヌーンティ」は
雰囲気&味ともによかったです、はい)

*「インルームダイニング(ルームサービス)」の
 スタッフが、深夜にも関わらず、廊下で
 私の名前を連呼。物騒なので、ちょっとコワかった…
 (おそらく慣れてないスタッフ)

スパの受付対応もいまひとつ。ロッカーの説明
 なども分かりにくい。
 ただし、すごく慣れてるスタッフもいた。たとえば、このセリフ。
 ↓
 「(私が「ここが分かりにくい」と指摘したのを受けて
 …申し訳ございません。
 我々まだ、よちよち歩きの“赤子のような存在なので、
 どうぞ今後とも、温かい目でご指導くださいませ


(くぅ~~!! 20代と思しき女性スタッフが、このセリフ♪
心憎いですなあ…)

…その他もろもろ、れいの「加湿器」のスタッフが
お部屋に忘れ物をしていっちゃったり、など
ハプニングもいくつか。

ただ、それもこれも、ある程度は仕方のないこと。
だって、何しろこれだけの好立地
1階の入口付近には、こんな表示までして↓
c0148623_285886.jpg
いわゆる「冷やかし」のお客様を阻んでいるのに、
ああそれなのに、上層階のロビー階まで
るわ、来るわ!! どんどん人が上がってきちゃうから、
スタッフがその対応に追われてしまうのです。

…でも、さすがリッツ!!
その後の7~12月に泊まった知り合いに
何人か聞いてみたところ…
かなりの部分で、サービスが改善されているようでした♪

う~む、これはおサイフがつらい!(´A`。)けど
来年もう1度、泊まってみないといけませんね~☆

…というわけで、最後はちょっと長くなりましたが
本年はこの辺で。
どうぞ皆様、よいお年をお迎えください。
そして来年も、どうぞよろしくお願い致します!! (*^ワ^*)
[PR]

by meg-lugho | 2007-12-28 02:10 | ラグホ宿泊日記